悪質カジノを避けるための目安

提携している会社が多い

オンラインカジノへ提携している会社が多くなっていると、その分だけ信頼性が高いと判断できます。オンラインカジノが信頼できないと判断されれば、信頼性は確保されないままとなり、大きな問題になってしまうでしょう。提携している会社が、オンラインカジノをいいものと考えているなら、優良なオンラインカジノとして考えられます。

提携している会社の情報はホームページに掲載

オンラインカジノと提携している会社については、ホームページを確認していると簡単にわかります。入出金サービスの契約や、ソフトウェアについてもわかります。特にソフトウェアは、いい会社と契約しているようなら、オンラインカジノの信頼性が高いと考えられますので、いい会社と提携しているオンラインカジノで遊ぶようにしてください。
提携しているオンラインカジノの情報が簡単にわかるようにしているのは、信頼性を確保するため、そしてオンラインカジノに提携してくれる会社の宣伝を行うためです。オンラインカジノは、時に宣伝も考えなければならないので、提携している会社についてはしっかりと表示して、この会社がどのような部分で協力できるのかもわかりやすくしています。オンラインカジノに関連する情報だけでなく、提携している会社の情報まで掲載してくれることは大きいです。
提携している会社としては、オンラインカジノを宣伝に利用することが可能になります。宣伝に使えるようになって、オンラインカジノからさらなる仕事が得られるようなら、それで満足なのです。

オンラインカジノの協力会社は多い

特にソフトウェアを中心に多くなっていますが、オンラインカジノと提携し、協力している会社は年々増えています。オンラインカジノという分野で、しっかりと頑張りたいと思っている会社が増えているためで、ソフトウェアもこれまで以上に選択肢が増えています。
ソフトウェアの選択肢が増えていることで、オンラインカジノは選択を誤らないように頑張っていく必要があります。むしろ、オンラインカジノが選択を間違えて、あまり良くないソフトウェアを導入するなら、それは問題となってしまうのです。
協力する会社にも妥協させないように、しっかりとサービスを作ってもらうよう、オンラインカジノは伝えています。協力する会社も、オンラインカジノのため、そして自分たちの会社の情報を良い物にするために、少しでもいいソフトウェアやセキュリティを提供しているのです。

多言語に対応しているか

多言語に対応しているオンラインカジノは、優良と考えてもいいです。英語以外にも、世界で一部の国でしか採用されていない言語についても、普通に採用していることは遊びやすさに繋がります。
オンラインカジノが多言語に対応しているのは、拡大するオンラインカジノのユーザーをしっかりと考えていくために必要なのです。特に日本人は、最近増えている傾向があるので、日本語への対応はかなり力を入れています。

言語の切替部分をチェック

優良なオンラインカジノの見極め方として、言語の切替部分をオンラインカジノで確認します。オンラインカジノには、言語を切り替えられる部分がありますので、どの言語に切り替えられるか確認すれば、オンラインカジノが優良かどうかを判断できます。
悪質なオンラインカジノは日本語だけに対応しているケースが非常に高いです。日本語しか用意されていないのは、日本人にターゲットを絞ったオンラインカジノの可能性が高く、他の言語への翻訳が面倒に感じている部分もあるからです。
大事なことは、日本語だけでなく、英語を始め中国語やドイツ語、フランス語など、海外で主要とされている言語が多く収録されていることです。タブを切り替えることで、オンラインカジノの言語が瞬時に切り替えられる設定となっているなら、オンラインカジノは優良と考えてもいいです。

優良カジノはより多くの言語に対応

多くの国からユーザーが来てくれると考えて、オンラインカジノは言語の種類を増やす決断を行っています。現在は10種類以上の言語に対応する傾向があります。1種類や2種類しか対応していない場合は、悪質なオンラインカジノに該当すると考えてください。
悪質なオンラインカジノの場合、最悪のケースは日本語しか用意されていません。日本人だけを狙う詐欺サイトに近い状況を作り出しており、オンラインカジノの中でも利用しないほうが良いサイトに入ります。本来なら、英語くらいは絶対に用意されているのです。
目標として、10種類以上の言語の翻訳が可能で、切り替えがスムーズにできていることを目指してください。言語の数が多ければ多いほど、オンラインカジノの信頼性は高いと思ってください。そして、言語の切り替えがスムーズにできて、ホームページやゲームの表示に問題がないと判断されるようなら、オンラインカジノは優良と思っていいでしょう。

カジノのペイアウトを高くする方法

パーレイ法

パーレイ法を使いこなしましょう

カジノゲームは攻略法を使いこなすことが大切です。オススメの攻略法である「パーレイ法」を紹介しましょう。

パーレイ法とベッティングシステムについて

「ベッティングシステム」をご存じでしょうか?別名「システムベット」と呼ばれており、戦略的な賭けかたを指しています。ギャンブルを楽しむうえで、重要なのは冷静な賭けかたです。精神的に熱くなってしまい、「めちゃくちゃ」な賭けかたをしてしまうと、「あっという間に」軍資金を失ってしまいます。これを防ぐ意味においても、「ベッティングシステム」の活用が大切なのです。オススメとなる手法として「パーレイ法」を挙げるギャンブラーが大勢います。その理由を次の項目で「お示し」しましょう。

パーレイ法の大きな魅力について

軍資金に余裕があれば、さまざまな攻略法を試行できます。しかし、なかなかそうはいきませんね。そのような場合に、「パーレイ法」は非常に有効であるとされます。その理由は、「非常に攻撃的」な手法であるからです。別名「逆マーチンゲール法」とよばれており、勝つたびに「勝ち金のすべて」を次の「ベット」につぎ込みます。初心者でも連勝すれば、短時間に元手を大きくすることが可能です。

パーレイ法の統計

「パーレイ法」を統計学の観点から見つめましょう。「勝率50パーセントゲーム」が基本ですから、これで考えます。「1勝」の確率は「50パーセント」であり「2連勝」の確率は「25パーセント」です。ここまでお分かりです。「3連勝」は「12.5パーセント」、「4連勝」は「6.25パーセント」とかなり下がってしまいます。これらを知ってから「パーレイ法」に取り組んでください。

3倍配当

パーレイ法のアレンジ方法

「パーレイ法」の攻撃力を高めたいならば、初回のベット額をアップしてください。また「3倍配当ゲーム」での試行も「よいアレンジ」です。非常に「リスキー」ですが、少ない資金を大きくするには最適です。また、防御力を高めたいならば、勝ち金の半額程度をプールする手法はいかがでしょうか?これならば、「勝ち」によって少しだけ「利益」を確保できます。ただし、「パーレイ法」の魅力は「爆発力」です。「リスク」を避けた「パーレイ法」はあまりオススメできません。それよりも、「やめ時」を設定する方法がアレンジとして効果的です。具体的には「3連勝したらストップ」などです。「3連勝」の確率は「12.5パーセント」ですから、十分に期待できます。しっかりと狙っていきましょう!

モンテカルロ法

モンテカルロ法の概要

「モンテカルロ法」は数列を利用した攻略法です。「ベッティングシステム」の一種であり、上手に資金を管理しながら「勝ち」を目指せます。

モンテカルロ法のやりかた

「モンテカルロ法」は「3倍配当ゲーム」への利用がセオリーです。
まず、メモ用紙とペンを用意してください。そして、「1、2、3」の数列を書き込みましょう。「ベット額」を導く方法は、数列の両端をプラスすることです。「1プラス3」で「4」になります。これが1回目の「ベット額」になります。具体的には「4単位」と考えて下さい。「4ドル」でも「40ドル」でも結構です。
この勝負に負けてしまった場合には、数列の右端に「直前のベット額」を加えるのが「モンテカルロ法」のルールとなります。したがって、数列は「1、2、3、4」になります。2回目のベット額は、両端をプラスすれば導けますから、「1プラス4」で「5」になるのです。
2回目の勝負に負けた場合には同様の作業をおこなってください。数列が「1、2、3、4、5」となり、3回目の「ベット額」は「1プラス5」で「6」です。
つぎに勝った場合を考えましょう。数列が「1、2、3、4、5、6、7、8」となっていた事例で考えます。勝った場合の「ベットルール」は、数列の両端における数字2個を消し込むことです。数列は「3、4、5,6」に変化します。直前の「ベット額」が「9」であったならば、その数字を数列の右端に加えてください。数列は「3、4、5、6、9」になります。両端の数字をプラスすれば、「3プラス9」で「12」が次の「ベット額」になるのです。お分かりでしょうか?勝つことで数列に残る数字が少なくなっていきます。最終的には、数列の数字が「1個」もしくは「0個」になればセッションの終了です。

メリットデメリット

モンテカルロ法によるメリット

「モンテカルロ法」は、「マーチンゲール法」のように1回の「勝ち」で負け分を取り戻しません。「リスキーな賭け」を避ける手法なのです。少ない軍資金で長く楽しめるメリットがありますから、初心者も取り組んでほしいです。また「賭け金」が高騰しませんから、カジノゲームに設けられている「ベットリミット」の心配がありません。それから、「モンテカルロ法」は数列の数字を消し込むことで、セッションの終了をめざします。セッションが終了した時点で「勝ち」が確定しますから、わかりやすいです。

モンテカルロ法のデメリット

計算がめんどうな点がデメリットです。セッションの間に「負け」が続きますと、「数列」が長くなりますから、なかなか終わりません。短期決戦を望むなら、「モンテカルロ法」以外の手法を使う必要があります。

久しぶりにスロット回したら

今日は、お前らには信じられない様な内容だから心臓の弱いやつは
記事を見る前にしっかりと「救心」を飲んでから読むようにしろよっ!
なにが信じられないかって言うとだな、オレ様はオンラインカジノの中で唯一
スロットゲームだけは、攻略が出来そうもないしあんまりプレイしないんだが、

暇つぶしに【IRONMAN2(アイアンマン2)】を低額(0.1ドル設定)で回してたわけよ。

しかも、1回1回スピンするのが面倒だから自動で回してTV見てたわけだ(笑)

なので、確か2500ドルぐらいから回し始めたのだがスタート時の画像がないので
信用するかしないかはお前らの好きにしたらいいだろう。

久しぶりのスロットプレイ

(一応、この画像は終わった後にこのブログ要に取り直したヤツだから気にするな)

日本のスロットと違ってオンラインカジノのスロットには恐らく設定という概念がないだろうから、
攻略法というよりもほぼ運任せな部分が多いのでオレ様的にはあんまり楽しめない。

たまにだが、ジャックポットで億を狙うぐらいだ(笑)

TVを見ながら回しててふとパソコンの画面を見てみるとなにやら回るのが止まっていたんで
自動設定をやり直すかと思いパソコンに近づくと・・・

フリースピン突入

なにやらフリーゲームとか言うものを引いてしまっていたらしく
【続ける】をクリックしてまたTVを見に戻るwww

このときは確認してなかったが、この時点で実は1400ドルぐらい増えていたw

オレ様のヒキの強さは自動で回していても伝わるみたいだな(笑)

そして、10分後に戻ってパソコンを見てみると・・・

いきなりの大当たり

なんじゃ、こりゃぁwww

1810ドルもゲットしていたwww

一瞬でプラス18万円ぐらいだwww

信じれるか???

まぁ、スロットをあんまり回さないオレ様だから
「恐らくよくあることだろう?」と思いこのまま続けて自動回転を続けてみた。

するとどういったことか次々にフリーゲームに当選するではないか・・・

立て続けに大当たり

さすがに、これだけ連続して当たると信じるとかどうでもよくなるw

お前らも人事だからどうでもいいだろっ(笑)

オレ様がYOUTUBEでよく見る「閉店くん」っぽく言うと、

「えっ、このサイトどこだっけ??」って
思わず言ってしまいそうなぐらいテンションが上がってきたwww

大当たり連続

(あまりにフリーゲームに当選するので全部の画像は撮ってないw)

あっという間にプラス5000ドル近く当たり、残金が7000ドルぐらいまで増えてしまったではないか・・・。
7000ドルって大体70万ぐらいだぞwww

今まであんまスロットを回してなかったがこんなに最速で50万円近く勝つことがあるとは、
オンラインカジノのスロットってのは、なかなかの破壊力を魅せつけてくれるじゃないかwww

お前ら、うらやましくて仕方ないだろっ!

オレ様の強運があってこそだからマネしようとしても多分だがお前らは負けて明日のお弁当のおかずが買えなくなるから止めておけよ(笑)

そういうオレ様も、欲が出てしまったのか7000ドルから続けて自動回転させてたら、
なんやかんやで5000ドル近くまで減ってしまった・・・

終了時はこんなもん

トータル収支で考えても2500ドル(約25万円)も勝てたんだからいいかと思い終了してやった。

今まであんまりスロットには興味なかったが、たった1時間ぐらいで25万円近くも稼げれるなら、
今度からはたまに回してみるのもありかなと思った。

さすがに、この広い世界のなかでも時給25万円の仕事ってなかなかないからなw

そんなことがド素人に出来てしまうオンラインカジノのスロットは結構狙い目かもしれないので、
オレ様がこれから攻略法を見つけ出してイイのが出来たらこのブログでお前らに発表してやるから
お前らは嫁と息子に内緒でスロット回せるぐらいの金を貯めて指くわえて待っとけ!!

とりあえず、お前らには次の日にオレ様がホテルのランチを食べに行ったときの写真でも
見せてつけてやろうかと思ったが、美味すぎて写真撮るどころじゃなかったから、
スロット回す前にGOOGLEの画像検索で嫁と子供を連れて行く高級レストラン画像を見てイメトレしとけ!

オンラインカジノで有名なバカラに挑戦

バカラに挑戦

これまでバカラに挑戦することはなく、ルール自体も把握できなかったのでそこまで遊ぼうという気持ちはありませんでした。ただ稼げる可能性を持っていたことや、自分が勝たなくてもいいゲームで、相手を選べばいいだけの簡単なものとわかりました。ルールを把握してからは、1度行なってみたほうがいいのではないかと思ったので、実際に挑戦することにしました。遊んでみたことで、かなりオンラインカジノで利用されている部分もわかってきました。

バカラ自体はかなり遊びやすかった

バカラ自体は愉しかった

そもそもバカラのルールは、どちらが勝つのかを予想するだけで、後は何もしなくていいのです。ブラックジャックでは自分が勝たないと駄目なルールにされますが、バカラは勝たなくてもいいので、相手が勝つと思えばそちらを選ぶだけで終わります。そんなに無理をしなくても、ゲームを進められることが大きなことでした。オンラインカジノでも、ここまで勝ちやすいものはそんなになかったので、やっぱりバカラをプレイすることは良いものと感じました。これまで無視していた理由が何故かわからないくらいです。

勝利すると倍になって返ってきます。負けると没収されることになるものの、確率は50%くらいに設定されますから、無理をしなくても問題なく遊べるのです。とにかく攻略法と一緒に続けることが大事とされていますが、攻略法を採用しない場合でも勝てる可能性は持っているので、まずは何も考えずにプレイしました。実際にプレイしている時に、感じられることを意識して、それから続けることを狙ったのです。難しいことを考えなくてもいいので、ただ自分が勝つ方だけに予想して挑戦しました。

最初のうちは勝ったり負けたりを繰り返しましたが、徐々に自分が勝つ方は出なくなり、相手ばかり勝って損失が大きくなりました。これは運が悪いのかなと思いましたが、単純にユーザー側が勝ちづらい設定にされると書かれていたので、相手側を指名したほうが勝てるのかなと感じました。もちろんこれが全てでは無いと思いますが、オンラインカジノではプログラムの質などを考えると、やっぱり手数料を取るディーラー側が勝っても普通なのかなと思います。

プレイする時間もそこまで長くないことや、問題なく進められるゲームだったので、回数自体は何度もできました。30分で20回位はプレイできたと思いますが、その中で勝てる回数は7回だったので、自分が予想した方には行かなかったと思います。攻略法を使っていれば、もっと勝ちやすいのかなと思っていますが、今回は使わなかったのでただ損失を計上するだけになりました。

攻略法を使って再チャレンジ

攻略法を駆使してみる

次に攻略法を使って挑戦しました。取り入れたのはマーチンゲール法でした。これは勝つまで倍にして続けることで、損失を作らない方法です。倍にする金額は、最大でオンラインカジノが投入できる上限となりますが、かなり勝ちやすいケースもあるので、これを利用すれば負けないと思ったのです。オンラインカジノで大金を投入するのは余り気が進みませんでしたが、例え大金を入金しても取り返すことは可能ですので、無理をしなくてもちょっとずつ増やせると判断しました。

再チャレンジでは、勝ったら1ドルからスタートに戻り、負けた場合は倍にしてどんどん勝負を行います。やっぱり自分を狙う方法は当たらないのか、どんどんお金は減っていきましたが、勝つタイミングで1ドルは増えていたので安心できました。バカラは勝ちやすいわけでもないので、オンラインカジノでは多くのお金を入れないと駄目なこととわかっていましたが、1度だけ100ドル近くも投入しないと駄目な状態になったので、かなり予想が下手だと感じる部分もありました。

攻略法を取り入れたことで、お金の問題は改善されることになりました。オンラインカジノで損失を計上しなくて、しかも長い間ゲームができることは良いと思います。でも負けている間は、どんどん投入するお金が増えてしまうため、かなり辛いと感じることもありました。本当にこのまま負け続けても良いのか、自分は予想を変えるべきじゃないかと思っていましたが、その予想を変えること無く続けたことで、結果的に10ドルくらいは増やせました。金額としては小さいものでしたが、負けるよりはよっぽど良い金額だったと思います。

バカラは高倍率も期待できるケースが

引き分け的中なら高配当

引き分けを狙うことで、かなりの高配当を受けられると書かれていました。引き分けは殆ど起こらないので、狙うことは避けたいものですが、何度か狙ったことがあります。損失が計上され続けて、返してもらうために引き分けを狙っていたところ、何故か勝つことができたのです。引き分けが偶然発生して、凄くいい状態になりました。

それでも引き分けはその1回しか起こらなかったので、偶然にも良いほうだったと思います。オンラインカジノはより引き分けが発生しないように作られているようで、なかなか起こらないこともわかりました。