カジノのペイアウトを高くする方法

パーレイ法

パーレイ法を使いこなしましょう

カジノゲームは攻略法を使いこなすことが大切です。オススメの攻略法である「パーレイ法」を紹介しましょう。

パーレイ法とベッティングシステムについて

「ベッティングシステム」をご存じでしょうか?別名「システムベット」と呼ばれており、戦略的な賭けかたを指しています。ギャンブルを楽しむうえで、重要なのは冷静な賭けかたです。精神的に熱くなってしまい、「めちゃくちゃ」な賭けかたをしてしまうと、「あっという間に」軍資金を失ってしまいます。これを防ぐ意味においても、「ベッティングシステム」の活用が大切なのです。オススメとなる手法として「パーレイ法」を挙げるギャンブラーが大勢います。その理由を次の項目で「お示し」しましょう。

パーレイ法の大きな魅力について

軍資金に余裕があれば、さまざまな攻略法を試行できます。しかし、なかなかそうはいきませんね。そのような場合に、「パーレイ法」は非常に有効であるとされます。その理由は、「非常に攻撃的」な手法であるからです。別名「逆マーチンゲール法」とよばれており、勝つたびに「勝ち金のすべて」を次の「ベット」につぎ込みます。初心者でも連勝すれば、短時間に元手を大きくすることが可能です。

パーレイ法の統計

「パーレイ法」を統計学の観点から見つめましょう。「勝率50パーセントゲーム」が基本ですから、これで考えます。「1勝」の確率は「50パーセント」であり「2連勝」の確率は「25パーセント」です。ここまでお分かりです。「3連勝」は「12.5パーセント」、「4連勝」は「6.25パーセント」とかなり下がってしまいます。これらを知ってから「パーレイ法」に取り組んでください。

3倍配当

パーレイ法のアレンジ方法

「パーレイ法」の攻撃力を高めたいならば、初回のベット額をアップしてください。また「3倍配当ゲーム」での試行も「よいアレンジ」です。非常に「リスキー」ですが、少ない資金を大きくするには最適です。また、防御力を高めたいならば、勝ち金の半額程度をプールする手法はいかがでしょうか?これならば、「勝ち」によって少しだけ「利益」を確保できます。ただし、「パーレイ法」の魅力は「爆発力」です。「リスク」を避けた「パーレイ法」はあまりオススメできません。それよりも、「やめ時」を設定する方法がアレンジとして効果的です。具体的には「3連勝したらストップ」などです。「3連勝」の確率は「12.5パーセント」ですから、十分に期待できます。しっかりと狙っていきましょう!

モンテカルロ法

モンテカルロ法の概要

「モンテカルロ法」は数列を利用した攻略法です。「ベッティングシステム」の一種であり、上手に資金を管理しながら「勝ち」を目指せます。

モンテカルロ法のやりかた

「モンテカルロ法」は「3倍配当ゲーム」への利用がセオリーです。
まず、メモ用紙とペンを用意してください。そして、「1、2、3」の数列を書き込みましょう。「ベット額」を導く方法は、数列の両端をプラスすることです。「1プラス3」で「4」になります。これが1回目の「ベット額」になります。具体的には「4単位」と考えて下さい。「4ドル」でも「40ドル」でも結構です。
この勝負に負けてしまった場合には、数列の右端に「直前のベット額」を加えるのが「モンテカルロ法」のルールとなります。したがって、数列は「1、2、3、4」になります。2回目のベット額は、両端をプラスすれば導けますから、「1プラス4」で「5」になるのです。
2回目の勝負に負けた場合には同様の作業をおこなってください。数列が「1、2、3、4、5」となり、3回目の「ベット額」は「1プラス5」で「6」です。
つぎに勝った場合を考えましょう。数列が「1、2、3、4、5、6、7、8」となっていた事例で考えます。勝った場合の「ベットルール」は、数列の両端における数字2個を消し込むことです。数列は「3、4、5,6」に変化します。直前の「ベット額」が「9」であったならば、その数字を数列の右端に加えてください。数列は「3、4、5、6、9」になります。両端の数字をプラスすれば、「3プラス9」で「12」が次の「ベット額」になるのです。お分かりでしょうか?勝つことで数列に残る数字が少なくなっていきます。最終的には、数列の数字が「1個」もしくは「0個」になればセッションの終了です。

メリットデメリット

モンテカルロ法によるメリット

「モンテカルロ法」は、「マーチンゲール法」のように1回の「勝ち」で負け分を取り戻しません。「リスキーな賭け」を避ける手法なのです。少ない軍資金で長く楽しめるメリットがありますから、初心者も取り組んでほしいです。また「賭け金」が高騰しませんから、カジノゲームに設けられている「ベットリミット」の心配がありません。それから、「モンテカルロ法」は数列の数字を消し込むことで、セッションの終了をめざします。セッションが終了した時点で「勝ち」が確定しますから、わかりやすいです。

モンテカルロ法のデメリット

計算がめんどうな点がデメリットです。セッションの間に「負け」が続きますと、「数列」が長くなりますから、なかなか終わりません。短期決戦を望むなら、「モンテカルロ法」以外の手法を使う必要があります。

コメントする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。